サイト購入時のトラブル回避方法

ウェブサイトの購入時に知っておきたいお得な情報!

せっかく素晴らしい商品・製品やサービスを生み出すことができたとしても、それが即収益に繋がるとは限りません。商品・製品やサービスを買い手が購入することで、初めて収益となるのです。そのようなことからも、買い手が欲しくなるような販売戦略や方法を確立するにことは、現代の情報化社会の中では基本中の基本です。たとえどんなに高性能な商品を開発したとしても、その販売に関する戦略や方法を誤ってしまっては、その事業事態が大失敗です。反対に、ある程度の質でしかない商品であったとしても、販売戦略等が成功すれば売り上げが大きく進展し、その事業は大成功となるでしょう。それくらい、販売戦略といった商品のアピールやブランディングは非常に大事なものなのです。この際に、言うまでもなくウェブサイトが威力を発揮してくれます。そのため、皆さんの中にもウェブサイトを駆使して自社商品のアピールやブランド力を向上させたいとお考えの方もいますでしょうし、現にウェブサイトの開設・維持に取り組もうとしているかもしれません。ウェブサイトを一から作ろうとお考えも理解できますが、その前に、既存のウェブサイトを購入する方法も検討の視野に入れてみてはいかがでしょうか。ウェブサイトを買う際のメリット・デメリットについて整理した後に、ノウハウ・注意点などに触れ、皆さんに有益な情報を提供していきたいと思います。

サイトを30万円で購入した場合の支払い料金

サイトの購入時の手数料は無料は日本初です!

A社 B社 当サイト
30万円で成約 30万円で成約 30万円で成約
仲介手数料5%
200万円未満は
55,000円
成約額が
25万円以上は
成約額の3%+税
0円
総支払い額は
35,5万円
総支払い額は
36,3万円
総支払い額は
30万円

ウェブサイトを買うことの意義

ウェブサイトを買うことを、”販売スキルのM&A”と表現しても決して過言ではありません。現に、米国の世界的企業Googleが、積極的に販売力やブランド力向上を目的として、有力なウェブサイトを買い漁っている事実もあります。これが世界の潮流なのです。そのようなことからも、ウェブサイトを買うことに大きな意義があることは実証されていることは間違いありません。

ウェブサイトを買う際のメリット・デメリットについて

ウェブサイトを買う際のメリット

最大のメリットは、何と言っても、”ウェブサイトを一から立ち上げるよりも早く新規事業を開始できる”ことです。このサイト立ち上げの早さが、現在の経済では死活的問題であるとよく囁かれます。事業開始が遅れて、二番煎じになってしまっては戦局が不利になってしまうのです。新規にウェブサイトを構築するまでに要する日数もそうですが、なによりも新規に構築したウェブサイトに一定のアクセスが定着するまでに莫大な時間と努力がどうしても必要になってしまいます。新規にウェブサイトを構築することを考えていらっしゃる方は、本当にこの時間と努力を犠牲にしてまで新規構築をする必要があるのかを一度考えてみてください。さらに、ウェブサイトを購入することで、”一から立ち上げるよりも費用を抑える”こともできます。ウェブサイトの新規構築には、それ相応の初期費用やエンジニアなどの人件費、外注費、立ち上げから安定化までの保守費用、更に集客の費用といったコストが余分に多く掛かってしまいます。ウェブサイトを購入することで、これらの費用を節用し、それを開発費等に回す方が効率的ではないでしょうか。

ウェブサイトを買う際のデメリット

購入したサイトの購入費と収益の比率が悪いものを購入してしまう場合があります。せっかく購入したサイトが思うように収益が出ない事の無いように購入するサイトの事前調査が肝となります。通常サイトの購入費は月の収益の10~24ヶ月分と言われますが必ずしも当てはまる訳ではありません。ニッチなジャンルのサイト程、低価格で取引され高収益を出す事もありますが、逆にメジャーなジャンルのサイト程、失敗しやすい傾向にあります。更にSEOに頼って収益が出ているサイトは購入した途端に被リンクを外されて検索順位が落ち、収益が無くなる恐れもあります。また、購入したサイトををより自社のイメージにマッチするようにリニューアルする場合を考えてみましょう。この場合、リニューアルの仕方によっては、ユーザーが離れ、収益性を損なう可能性もあります。このようなことを極力防ぐためにも、リニューアルに際しては、ユーザーの反応を確認しながら段階的に行うことも一つの方法として有力です。という事で、購入するサイトの目利きを間違えなければサイトを購入するにあたり、大きなデメリットはありません。

ウェブサイトを買う際のノウハウ・注意点について

ウェブサイトを買う際のノウハウ

ウェブサイトを購入しよとなった場合、サイト選定に悩むことになります。そこで、購入するサイトを見極める上での重要な要素を紹介します。

サイトの金額(想定する予算内で購入できるか)

言う間でもなく、予算はある程度決まっていますから、その金額で購入できるサイトしか選択肢にはなりえません。いくら理想のサイトが見つかったとしても、予算を遥かにオーバーするものでしたら意味がありません。

イメージとの合致具合

ブランド力やアピール力にも直結する重要な要素です。自社で作ろうとしていたサイトと方向性が合致しているかということです。もちろん、既存のサイトを購入するので全て合致するものはおそらく見つからないでしょうが、それでもある程度合致するものを選択する必要があります。あまりもに合致していないものを選んでしますと、そのあとのリニューアルが大変になってしまいます。

サイトへのアクセス数

現状、どのような方法でアクセスがあるのかを把握する事です。広告でアクセスを集めている場合は広告費と収益の関係性。SEOでアクセスを集めている場合は、購入後もSEOが上手く継続されるかの将来性を見極て購入しないとアクセス数が減ってしまってはサイトの購入が失敗になってしまいます。

ウェブサイトを買う際の注意点

サイトの運営費、いわゆるサーバー費用やメンテナンス費用について見逃している方が多くみられます、せっかく安価なサイトを見つけたとしても、その後のサイト運営費用が膨大になってしまえば、元も子もありません。
・運営費用
・集客費用
・仕入れ費用
・人件費(更新、取材、外注費など)
上記の運営費用を差し引いても利益の出るサイトを購入しましょう。

ウェブサイトを買う際のオススメの方法

「結局、どのウェブサイトを購入すればいいの?」との疑問も生じてくることでしょう。
当サイトは各種手数料は全て無料でありながら、サイトを売りたい側とサイトを買いたい側とを折り合いのついた条件でマッチングさせてくれます。
一人でも多くの方が、納得できる形で、自分の今後の大切なパートナーとなるウェブサイトを購入することができれば、これに勝る喜びはありません。
当サイトにより、皆さんがよりよいウェブサイトに巡りあうことを願ってやみません。

タイトルとURLをコピーしました